最新情報 取扱製品 中古車検索 レンタル&リース メンテナンス 会社概要

定期自主点検のご案内

定期メンテナンスと点検をしていますか?

フォークリフト、不整地運搬車、車両系建設機械及び高所作業車については、労働安全衛生法で労働災害防止と性能維持のために、特定自主検査(年次検査)・月例検査・作業開始前点検の実施が義務づけられています。
当社にお任せいただければ、検査はもちろん、異常があったときの補修から、特定自主検査記録票の作成まで、お引き受けいたしますので、お近くの日輸車輌にお気軽にご用命ください。

特定自主検査(年次検査 毎年1回)

私達の定期健康診断と同じように、フォークリフト、車両系建設機械等について、事業者は1年を超えない期間ごとに1回(不整地運搬車は2年)、法令で定められた資格者により、特定自主検査を行なわなければなりません。特定自主検査を実施すれば、機械の機能不良や損傷などの異常を早期に発見し、異常の個所を補修することによって、故障などによる労働災害を未然に防止し、作業者の安全確保と機械の性能保持を図ることができます。
(労働安全衛生規則第151条の21)

月例検査(毎月1回)

「作業開始前点検」に比較すると、「月例検査」はその内容が濃くなります。月例検査の目的は、1ヶ月間の作業による「異常の有無」と「損傷の有無」を検査し、正常な状態にすることです。事業者は、1ヶ月を超えない期間ごとに1回、定期的に月例検査を行わなければなりません。
(労働安全衛生規則第151条の22)

作業開始前点検

作業開始前点検は、その日一日の作業が安全に行える状態かどうかを仕事にかかる前に点検します。事業者はフォークリフトを用いて作業を行うときは、その日の作業を開始する前に、始業点検を行わなければなりません。
(労働安全衛生規則第151条の25)

ご注意ください

・検査でもし異常が見つかったなら
検査の結果、もし異常がみつかったなら、すぐに補修・調整・補充・交換などをして、正常な状態に戻さなければなりません。(労働安全衛生規則第151条の26)
・定期自主検査を怠ったなら
定期自主検査を怠ったり、異常が見つかったのに必要な処置をしなければ、罰則が適用されることがあります。